• 旅行でたまには思いっきり楽しもう
  • 当サイト「旅行でたまには思いっきり楽しもう」では旅行・観光に関する情報を多数お届けしています。
  • アジア料理と言えば中華料理

    トップページ
    お気に入りに追加

    アジア料理と言えば中華料理

    ベトナム料理は香草を使っている料理が多く、殊更パクチーと呼びます香草が特徴的です。一口に中華料理と言いましてもその種類は多岐にわたりおり、北京の宮廷料理をベースにしてる「北京料理」や、スパイスが強剛のが特徴の「四川料理」、山の幸が中心となっている「広東料理」、海の幸が中心となっている「上海料理」などがあるのです。

    味付けの傾向などは似いるが、せっかくなら本場の中華料理を楽しむのも優良でしょう。他にも、インドネシア料理というようなものもあげられます。

    代表的な料理としましては米粉を使った麺料理である「フォー」です。次に紹介することが「ベトナム料理」です。

    おのおのの地域で本場の料理を楽しまれてみるのも好調でしょう。このパクチーは好き嫌いが分かれやすいものであるので、ベトナム料理の好き嫌いもこれによりまして分かれやすくなっています。

    バリ島などで主に楽しむことが出来る料理です。このインドネシア料理もそうなんですけど、アジア料理の中にはヨーロッパによる植民地支配時代の名残を感じさせるためなものも多くあげられますが特徴です。

    アジアの料理というならば、まず欠かすことはできませんのが「中華料理」です。国内でも中華料理として様々な料理を楽しむことができるが、これの料理は多くが日本向けにローカライズされてるものであって中国の本場の中華料理とは違ったものとなってるものが見受けられます。